男の人

国保連にデータを送るときに活躍する伝送ソフト

このエントリーをはてなブックマークに追加

正しくスムーズに計算する

介護

介護サービスを行なっているところではサービスの内容によって国から給付される金額が決まります。介護サービスを受ける方が支払う金額は1割負担になるので残りの9割を市町村に請求しなければなりません。そのため提供したサービスを利用者ごとのファイルで管理し点数を出し毎月前月分の介護報酬を市町村に請求します。そこではじめて介護報酬が翌月事業所に振り込まれます。この作業を介護報酬請求業務と言い、介護給付費明細書を専用のソフトを使って入力し市町村に伝送しています。ところが、忙しい現場では入力するときにチェック漏れがあったり担当者間の連絡ミスなどで正しく入力されていなかったりということもありました。そのためなるべく簡単に入力操作ができ忙しいときもすぐ確認できるように分かりやすさを工夫したソフトの必要性が高まってきたのです。そこで医療系のソフトを作っている会社が開発し事業所でも導入され始めたのが介護請求ソフトです。
介護請求ソフトは大きく分けてパッケージ型の介護請求ソフトとASP型の介護請求ソフトの2種類があります。パソコンにソフトをインストールして利用するのがパッケージ型で、インターネットを経由して利用するのがASP型です。パッケージ型介護請求ソフトの場合実際に使うパソコンに直接インストールするのでセキュリティー面に強いというメリットがあります。しかしソフトの定期的な更新やメンテナンスは事業者側で行なうのでパソコンの知識がある程度必要になってきます。また基本的にそのパソコンでしか作業ができないので、もし不具合が起きた場合は作業が遅れます。