介護

国保連にデータを送るときに活躍する伝送ソフト

このエントリーをはてなブックマークに追加

便利な管理システム

スーツの婦人

介護施設では日々色々なサービスを行なっていますが、利用者は支払う際に自己負担額が1割になります。そこで残りのサービス料を市町村が事業所側に給付しているのですがこのときに必要な業務が介護給付費請求になります。しかし市町村はこの給付に関する実際の業務を国民健康保険団体連合会、通称国保連に委託していることがほとんどです。したがって実際は国保連に行なう必要が出てきます。そこで使われ始めたのが伝送ソフトです。
使われるシステムは磁気媒体を原則として、給付に関するデータは介護ソフトで管理し送信します。この通信で使われるのがISDN回線です。この場合はISDN回線を引かなければなりませんが、使うソフトによって回線を引かずに介護ソフト提供会社のサーバーを経由し国保連にデータを送ることもできます。この場合は事業所に回線を引く費用と維持管理する費用が掛からないためお得です。また日々のデータを一括で管理しながら入力した数値を必要に応じて国保連に送りやすい点も伝送ソフトの強みです。ソフトには色々な種類があるので使いやすさを比較できるサイトを参考にすると良いでしょう。国保連にデータを送る伝送ソフトを取り入れることによって得られるメリットとしては利用者に提供したサービスを記録しながら保険情報も残せるところです。これを活かしてサービス内容の見直しや機能の充実化を図りやすくなります。事務作業にかかる時間や手間も減るのでデータの入力ミスや連絡ミスなども減らすことができます。

複数の老人

安心の老後

老人ホームには特別養護と有料があります。特別養護は介護を必要とする人が対象となり有料は元気な方が対象になっています。この二つはサービス面にも違いがあるので注目です。

介護

正しくスムーズに計算する

介護請求ソフトは介護サービスを行なう事業所の介護報酬請求業務をスムーズかつ簡単にしてくれます。主に2種類あるので、事業所の方針に合わせて取り入れると安心して使いやすいでしょう。

笑顔の老人

住みやすい老後の家

安心の老後を過ごせるサービス付き高齢者住宅がいま増えてきています。通常の賃貸だと年齢的に入居が難しいことも少なくありませんが、サービス付き高齢者住宅の場合は高齢者も借りやすくなっています。